外壁工事

工事の種類

外壁のメンテナンスは大きく分けてこのような種類があります。

  • 塗装
  • 重ね張り
  • 張り替え

この中では塗装工事が最も多く施工されています。

外壁材の種類

モルタル

モルタル外壁
モルタル外壁

モルタルはセメントと砂、水を混ぜ合わせたものです、その上に吹き付けや左官などでパターンを付け、その上に色付けの塗装が施してあります。

経年劣化により、ひび割れたり、表面の塗装が弱くなります。

モルタル_劣化_ひび割れ
ひび割れ

チョーキング
チョーキング

一般的にはラス網を使用したモルタル外壁が多くありますが、ラスカットと呼ばれる下地材を使用されている場合は注意が必要です。

家を建てた建築業者によっては、防水紙を入れずにラスカット下地での施工している家があります。
その場合、外壁のひび割れから雨水が非常に入りやすくなるため、雨漏りや内部の腐食に繋がりやすく、危険です。

ご自身で判断できない場合は、ぜひリホーム絆の外装劣化診断士へお問い合わせください。(診断は無料です。)

メールお問い合わせ

サイディングボード

サイディングボードはパネル状の外壁材を躯体に打ち付けるタイプの外壁材で、モルタルと比べると新築時の施工が容易です。

種類は、窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディングがございます。
窯業系サイディングボードという、セメントが主成分の物が一番多く使われています。

サイディングボードの継ぎ目やサッシ廻りには、基本的にシーリングが打たれています。
シーリングは7 年から8 年で劣化してしまうので、メンテナンスの際はシーリングの修繕も必要です。

シーリングの施工方法や材料も様々な種類があるため、注意が必要です。

ALC(軽量気泡コンクリート)

ALC
ALC

ALC(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)(エー・エル・シー)は、軽量気泡コンクリートとも呼ばれ、コンクリートの特徴を活かしながら重量を軽くした素材です。

ALC の内部は、軽石のように気泡が存在しています。

ALC は耐火性・断熱性に優れておりますが、水の浸入に弱いという特徴もございます。
内部が気泡状になっているため、ひび割れなどが発生して水が浸入してしまうと広い範囲に水が移動することになります。
そのためひび割れなどの劣化が見受けられる場合は特に注意が必要です。

また、シーリングが使用されている範囲が非常に広く、シーリング部分の修繕に費用が多くかかります。

 

外装工事・リフォーム