そもそもどうしてリフォームが必要なの?

家のメンテナンスは定期的に必要とされていますが、なぜ必要なのでしょうか?

永久的に劣化しない建材というものは無いため、どんな素材でも、紫外線・雨水・熱・寒さ・強風 などにより劣化が進行していきます。

材料により高耐久な物もありますが、一般的な住宅で使用されている材料の場合、7年くらいから劣化が出始め、10年くらい経つと屋根や外壁の防水性が切れてきます。

防水性が切れると、雨水が浸みこみやすくなり劣化の進行するスピードが速くなります。
また、劣化が進行しすぎると塗装ではメンテナンスできない状態になることもあり、張替え工事が必要になると費用も高くなります。

長く放置すればするほど大掛かりな工事が必要になり、余計な費用が掛かってしまうため、早めに塗装などのメンテナンスをすることが必要です。