火災保険が使えるって本当?

最近では「火災保険で屋根が直せます!」と広告している業者も増えてきました。

嘘ではありませんが、全てに適用されるわけではありません。

火災保険の中には、「雪害」「風害」などの項目が入っている場合があり、
例えば「大雪で雨樋が歪んでしまった」「台風で屋根の板金が変形してしまった」という場合は火災保険が適用されることが多いです。

住んでいる方々が自分で屋根や雨樋の状態の変化に気が付くのは、とても難しいと思われます。
そのため、せっかく加入している火災保険で直せるはずだったものが、そのままにされているケースが多いのです。

”全額が保険適用された”、”●●%だけ保険適用された”、”全く保険適用されなかった”というように、状況により変わります。

ただ、あくまでも保険が適用されるかどうかを決めるのは保険会社です。

弊社 リホーム絆は、保険申請の知識も豊富なため、申請書類に必要な写真を撮影したり、申請書類の記入でわからない部分があればアドバイスをさせていただく事もございます。ぜひお問い合わせください。