塗料の違いが分からない

「フッ素塗料・無機塗料・シリコン塗料…いろいろあるけど、結局どれがいいの?」

塗料の種類はとても豊富で、業者によって進めてくる塗料が違うため、何が良いのか分からなくなってしまう方が多いです。

同じメーカーの塗料であれば比べやすいのですが、メーカーが変わると比べることは難しくなります。

基本的には、現在では「無機塗料」と呼ばれる塗料が高耐久です。「無機ハイブリッド塗料」とも呼ばれます。
耐久性の高い順から並べると、無機ハイブリッド → フッ素 → シリコン → ウレタン となります。
種類はこれだけではなく、各メーカーが独自に開発した塗料も多く、色々な名前が付けられています。
耐久性が高いほど、塗料の単価も高くなります。

また、ややこしいのが「シリコン塗料」と一口に言っても、耐久性が低いものから高いものまであることです。
フッ素塗料よりも耐久性の高いシリコン塗料というものも存在します。

業者によっては「オリジナル塗料」と称して自社の名前をつけた塗料を販売することもありますが、自社で開発しているわけではなく、塗料メーカーが開発したものに自社ブランドの名前をつけているだけの場合が多いです。(OEMと呼ばれます。)

決してOEMの塗料が悪いわけではありませんが、塗料代が割高になっている場合が多いので注意が必要です。

業者の話を聞くときは、塗料の違いをしっかり説明してくれて、売りたいものよりもお客様の家のことを考えて塗料を選んでくれている業者に頼んだ方が良いでしょう。

リホーム絆では、様々な塗料メーカーから厳選して選んだ塗料をいくつかご提案しております。