TEL:0800-0800-927【受付時間】8:00〜17:00

よくある疑問 〜我が家はどんな工事が必要なの?〜

うちに必要な工事は?

うちに必要な工事とは?

としおのアイコン画像としお

「リフォームと言っても、塗装とか張替えとか色々あるみたいだけど、うちにはどれが必要なんだろう?」

シバケンのアイコン画像シバケン

このように悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

外装のリフォームの種類は大きく分けて3つの種類があります。

  1. 塗装
  2. 重ね張り(カバー工法)
  3. 張り替え

屋根と外壁に分けて、ご説明します。

工事の種類

屋根

屋根の種類と、現在の劣化状況によって施工方法が変わります。
一般的に多く使われている屋根を大まかな種類に分けると、

スレート瓦・瓦・トタン、この3つとなります。

スレート瓦

スレート瓦

現在最も多く使用されている、セメントが主成分の軽量な屋根材です。
メンテナンスは、「塗装」と「重ね張り(カバー工法)」での工事が一般的です。
劣化が酷い場合や、特殊な種類のスレート瓦が使われている場合は、塗装工事ができません。

その場合は重ね張り工事(カバー工法)か、もしくは張り替え工事(葺き替え)を選ぶことになります。

瓦(かわら)

瓦(かわら)

瓦にも多くの種類がありますが、基本的には塗装しないタイプの瓦がほとんどです。
大きな劣化が無い場合は、漆喰部分のみを補修したり、棟の積み直しを行ないます。

瓦が全体的にずれていたり、下地が傷んでいる場合などは、葺き替えをおすすめ致します。

トタン

トタン

金属の軽量な屋根材です。
錆びの状態が酷い場合は、塗装はおすすめできません。
重ね張り工事(カバー工法)や張り替え工事(葺き替え)をおすすめ致します。

外壁

現在、一戸建ての外壁でよく使用されているのは、以下の外壁材です。

窯業系サイディングボード・モルタル・ALC

他にも様々な種類がありますが、これらが多く使用されています。

窯業系サイディングボード

窯業系サイディングボード

サイディングボードには、「窯業系」と「金属系」があります。
「窯業系サイディングボード」は主成分がセメントで作られています。
基本的には塗装工事がメインとなりますが、劣化が酷く、変形などを起こしている場合は重ね張り工事(カバー工法)や張り替え工事をおすすめ致します。

また、築10年未満でなおかつ劣化が少ない場合は、クリヤー塗装という透明の塗装を選ぶこともできます。
現状のサイディングボードの模様を活かしたい場合に有効です。

窯業系サイディングボードが使用されているほとんどの建物は、外壁材の繋ぎ目や窓のまわりにシーリング材というものが充填されています。
このシーリング材も全体的に修繕する必要があります。

モルタル

モルタル

砂とセメントを水で練り混ぜたもので、歴史の長い素材です。
表面の凹凸模様は、時代によって流行があり、種類が様々です。

モルタル外壁のメンテナンスは、9割以上が塗装工事です。
サイディングボードを上から張ることもできますが、費用も高くなるためそのような工事は稀です。

モルタル外壁の劣化が酷くひび割れが深い場合などは、塗装工事をする前にモルタルの一部を削り、埋め直す、という作業が必要になります。

ALC(エー・エル・シー)

ALC(エー・エル・シー)

軽量気泡コンクリートとも呼ばれます。旭化成のヘーベル板も、このALCの一種です。
モルタル外壁と同じように、基本的には塗装工事によるメンテナンスが多いです。
重ね張り工事(カバー工法)も可能ですが、稀なケースです。

サイディングボードと同じように、外壁の繋ぎ目などにシーリングが入っています。
しかし、ALC外壁の建物はシーリングのメーター数がとても多く、通常の一戸建てでも300m~500mくらいになります。

シーリングの補修費用が高くかかってしまうのが特徴です。

まとめ

このように、外壁材と劣化状況によって工事のやり方は様々です。
外装の専門家でないと発見できない症状もあり、失敗すると大きな費用損失となってしまうため、一度しっかりと診断していただく事をお勧めします。

リホーム絆では、屋根や外壁などの無料診断を行なっております。
しつこい営業などはありませんので、お気軽にお問い合わせください。

うちに必要な工事は?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!