屋根の種類

スレート瓦

スレート瓦には色が豊富で、安価、地震対策にも優れた屋根材です。
スレート瓦の内容成分は、主成分がセメントの材料になります。
セメントの弱点は、水と寒さ、厚さに弱く、さらに引っ張りに弱いです。
それを補うため各メーカーは、繊維質やアスベストを入れております。
2004 年にアスベストが廃止になりました。
1998 年ごろか徐々にメーカーはノンアスベストの商品を販売しております。
その期間に生まれた商品には実績が少なく、
5 年以降に、割れ、剥がれが多い商品が存在しております。
まだ近所の家を見渡してもその屋根材は多く、塗装も負荷の商品がございます。
スレート瓦のご自宅の方は、確認して頂きたい時期があります。

① ~ 1997 年
② 1998 年~ 2008 年
③ 2009 年~

参考までにメンテナンス方法が違いますので、ご注意ください。

スレート瓦塗装の注意点

①スレート瓦塗装の際、一部の材料では、タスペーサーを使用します。
タスペーサーは縁切りの代わりに使うものであり、
縁切り施工もしくはタスペーサーの設置をしないと、
スレート瓦の場合、雨漏りの危険性が高くなります。

②家を守るため、紫外線が強く雨が一番当たる場所で風も受けやすいのが屋根です。
それにより、塗料は何でもいいわけでなく、長く持たせるためには、遮熱塗料をお勧めいたします。
また樹脂や添加剤などにより、塗料の性能が異なるため、
現場の状況や以前何を塗ったのかが重要になります。
診断を行ってから、工事提案を受けてください。

和瓦・洋瓦とも、粘土瓦に釉薬の塗装を施し窯で焼く作業で商品とされる陶器瓦が多くございます。
簡単に言いますと、ガラスコーティングのような無機塗装を施している為、
瓦の耐久年数が30 年~ 45 年と言われております。
ですが、近年日本では地震が多くなり、最も危険な屋根材としても見受けられております。
ご参考までに震度6 弱で、瓦は飛びます。
瓦は1 ㎡辺りの数量でおおよそ45 ㌔~60㌔あるといわれております。
さらに現在主流がサン瓦と言われるタイプで、細い木に引っ掛けて瓦を置いているだけなので、
大きな地震が来ると当然瓦が飛びますので、とても注意が必要な材料です。

金属屋根

近年新築、リフォーム時に使用する頻度が多くなっております。
軽量で耐久年数もあり、現在雨仕舞の屋根材として、有効的な材料です。
商品により、耐久年数が異なるため、ご検討の方は担当者に相談してみてください。