外壁塗装

外壁の種類

外壁の種類によって弱点が違います。また、その下地材によって注意点がある場合が御座います。

モルタル

モルタルはセメントと砂、水を混ぜ合わせたものです、その上に吹き付けのパターン塗装をし、その上に色付けの塗装を施しております。

一般的にはラス網を使用した物が多くありますが、下地がラスカットの場合、通気工法になっていない家は要注意です。
「木造のタイルも同様」ラスカットは、合板に防水の骨材を施しております。
その為、業者によっては、防水紙を入れないで施工している家が多いため、外壁のひび割れから雨漏りする危険性がございます。

サイディング

サイディングには、窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディングがございます。
中には特殊なサイディングがあるため、塗装の場合、材料には気を付けないといけません。

また、サイディングにはシーリングがあります。シーリングは7 年から8 年で劣化してしまうので、シーリング打ち替え、増し打ちなどがございますので、ご検討の際は注意してみてください。

ALC

ALC の断面は、軽石のように、中に気泡があり水の上に浮くほどの材料になります。
ALC は、耐火性、断熱性に優れておりますが、一枚のALC ボードに対して、4 方にシーリングの増し打ち等をしなくてはいけません。
ちゃんと工事すると、意外と費用が掛かります。

外壁塗料の選び方

モルタル外壁は、ひび割れに弱い為、塗料もひび割れに強い塗料がお勧めです。
窯業系サイディングは年数が7 年から8 年程度であれば
クリア塗装をお進め致しますが、耐久性の良い塗料がお勧めです。

ALC の最初の塗装の時は、吸い込みが多いため、
吸い込みを止めてから塗装することをお勧めいたします。