雨漏り

 

雨漏りの悩み

雨漏りに悩んでいる方々にお話を伺うと、お悩みの中で特に多いものは、

・誰に相談したらいいかわからない
・何度工事しても直らない
・雨漏りしている原因がわからない

というものです。

雨漏り修繕の経験が少ない業者に頼んでしまうと、原因を調べないまま、とりあえずの工事を提案される可能性があります。
原因を調べないで工事をしてしまうと、”高い費用をかけたのに直らない”ということになりかねません。
まずは雨漏り診断などで、原因を調べることをおすすめ致します。

 

雨漏り事例

このように、少しの塗装の剥がれや染みなどを軽視していたら実は内側が腐食していた、というケースもございます。
虫歯の治療と同じように、早いうちに処置ができれば被害も少なく、費用も抑えられます。
見て見ぬふりをしてしまうと結局損をしてしまう場合が多いため、早めの調査をおすすめ致します。

 

雨漏り診断

雨漏り診断は、雨漏りしている箇所から侵入経路の仮説を立て、散水調査などを行います。
お客様に状況をヒアリングをさせて頂き、その後散水調査などの診断に移ります。
雨漏りしている箇所数・建物の構造などにより、1時間~半日かかるケースがあります。
まずは実際にお伺いし、お話を伺った上でのご相談となります。

雨漏りの原因が特定できると、余計な工事をしなくて済み、工事費用が安く済む場合がございます。

(※雨漏りの原因特定を100%保証するものではありません。)

雨漏り修繕工事

雨漏りの原因と思われる箇所を修繕するご提案を致します。
応急処置程度の作業から根本的に直すご提案まで、様々なご相談に対応致します。

こちらの物件ではバルコニーの笠木(手すりのあたり)から雨水が浸入していました。
調査により原因を突き止め、笠木を外してみると、内側の木材が腐食していました。

もともと新築時の施工に問題があったため、笠木を下地から作り直す工事を行ない、解決しました。

 

このように、原因を追究してから工事をすることで、大掛かりな工事をしなくて済む場合がございます。

弊社では”雨漏り診断士”も在籍しており、原因を調べてからのご提案ができます。
是非お問い合わせください。